摂州大坂画版.jpg

摂州大坂画版(寛延改正・1749年頃)

淀川の左岸に海老江村とある。

『福島区史より』

だんじりの歴史

 

だんじりは、一般的には「地車」と書かれます。大阪市内の地車は天神祭を発祥として江戸中期から末期に盛んになってきたと言われており、どの地車のお囃子もほぼ同じリズムを奏でます。大太鼓、小太鼓、鉦(かね)の3人によるお囃子のリズムに合わせて、大勢の人が綱を引き、あるいは担い棒という、地車の四方を囲む直径20cm程の丸棒を肩で押して、町内を巡行します。

海老江八坂神社には東西南北の四町があり、東、西、南の三町が地車を、北之町が枕太鼓を所有しています。夏祭りが7月17,18日、秋祭りが10月17,18日で、夏祭りのみ地車が町内を巡行します。東之町の地車がいつ作られたものか、詳しくは分かっていませんが、彫り物に「相野伊兵衛直之」の銘があり、江戸末期か明治初期に作られたものと考えられています。

大阪市内の地車祭りは秋よりも夏が盛大です。これは多分に台風除けや疫病退散を祈願するもので、淀川の洪水に度々悩まされてきた地域の特性と考えられます。神社の裏の公園に高さ3mを超える大きな石碑がありますが、これは明治41年に今の淀川が開削された際の記念碑で、「昔は泥海に泣いたが今は春風に酔う」と、先人の苦労と喜びが刻まれています。

疏河紀恩碑.jpg

疏河紀恩之碑(そかきおんのひ)

『福島区史より』